女性ホルモンの分泌を活発にするツボを押すことでホルモンのバランスを整えます。

MENU

ツボを押すことがバストアップに繋がる理由とは?

バストアップした女性

バストだけに集中してボリュームをつけるためには、乳腺を発達させるために女性ホルモンが非常に重要な役割を担っていることからして、その分泌を活発にすることが効果的と言われています。

 

バスト周辺には女性ホルモンの分泌を促すツボが多く存在し、そこを刺激するとリンパの流れがよくなるため、バストに集中してボリュームをつけることが可能になります。

 

さらに冷え性や血流の滞りを改善する効果もあるので、バストに必要な栄養素が行き渡ることにも繋がるので、マッサージと併用して行うことで効率アップが期待できます。

 

ではバストアップに効果があるツボと具体的に体のどこに存在するのでしょうか。

 

 

ツボの正しい場所と押し方とは?

実際ツボには様々な種類や効果があり、体の至る所に複数存在しますが、ここではバストアップマッサージと併用する際に押しやすいツボをご紹介します。

 

だん中

左右の胸の真ん中にあり、指をあててから徐々に強めに3秒ほど押します。
このツボは女性ホルモンの分泌に関係しているので、バストアップのほかに美肌効果にも期待ができます。

 

天渓

左右両側にあり、乳首と同じラインの骨と骨の間にあります。
親指を使い持ち上げるように内側に向かってツボを押します。
このツボは乳腺を発達させる効果があるので、マッサージの際に毎回押してみることをおすすめします。

 

乳根

バストトップから指2本ほど下の左右両側にあります。
3秒間徐々に強めに押し、3秒かけてゆっくり離します。
女性ホルモンの分泌を促し、リンパの流れを良くする効果があります。

 

中府

鎖骨から指1本分下の位置の左右両側にあります。
指で3秒間徐々に強めに押し、3秒かけてゆっくり離します。
大胸筋のリンパを刺激することで筋肉をつけ、胸を支える効果があります。

 

渕液

乳首から脇の下に向かって10センチ程の位置の両側にあります。
親指を使って左右同時に押します。
血行を促進することでバストアップに必要な栄養素を届ける効果があります。

 

 

このようにバスト周辺には多くのツボが存在し、刺激することで様々な効果があるとされています。
いくら必要な栄養素を豊富に摂取しても、それがしっかりと行き渡らなければ効果は期待できないので、サプリメントなどを摂取する前にまずは体質を改善することが重要と言えます。

 

そのため即効性がある方法ではないので継続することで徐々に効果が現れるのですが、マッサージと併用することで効率アップに繋がります。
バストアップをするために有効に働くことはもちろんですが、筋肉をつけたり女性ホルモンの分泌を促したりと、健康面でも非常にメリットがあることからツボ押しは非常におすすめの方法であることが考えられます。

 

豊かで形の美しいバストになるための体質改善のためにマッサージと併用してツボ押しを行なうことで、その効果をより高めることに繋がります。