リンパマッサージは乳腺の新陳代謝を促して大胸筋を鍛えるのでバストアップ効果あり!

MENU

リンパ節の役割とは?

バスト周辺のリンパ

脇の下にはリンパ線だけではなくリンパ節も存在しているため、人体にとって非常に重要な役割を担っています。

 

その役割とは主に、不要なものを外に出す排泄機能、必要な栄養を全身に送る運搬機能、ウイルスなどから体を守る免疫機能があります。

 

そのため脇の下のリンパの働きが悪くなると、こうした全ての機能に影響を及ぼします。
主な症状としては、むくみ、冷え性、肩こり、頭痛、脳機能、内蔵機能の低下、さらにはウイルスへの攻撃が弱くなり風邪をひきやすくなるといった症状も引き起こることが知られています。

 

これらのことから、リンパ節には重要な役割があると言われているのです。

 

 

バストアップとリンパマッサージの関係とは?

リンパの流れを良くするためにはマッサージが効果的と言われています。
その理由として、乳腺を流れるリンパ液の流れをスムーズにする働きが関係しています。

 

リンパ液は乳腺から脇の下のリンパ節に流れていくので、それがスムーズになることで新陳代謝が促進され、バストの発達にも繋がるのです。
リンパが滞るとバストアップに必要な栄養素が行き届かないので、食事やサプリメントなどで栄養素を摂取してもそれほどの効果は期待できません。
そのため食生活による効果をより発揮するためには、その前にリンパの改善を行うことをおすすめします。

 

マッサージがバストアップに繋がる理由としてもう一つ考えられるのが、大胸筋の刺激による効果です。
バストは脂肪で成り立っているというイメージが強いのですが、その土台部分には大胸筋が存在します。
大胸筋はリンパ節の周辺にあり、マッサージをする際に刺激を与えることで筋肉への影響もあります。
すると筋肉が鍛えられることからバストの形の崩れなどを防ぐことに繋がるとされています。

 

サイズアップだけではなく、形の崩れを防ぎ筋肉の衰えを改善し、美しいバストを保つことができることもマッサージによる嬉しいメリットと言えます。
クリームを併用したりお風呂でマッサージをするなど、簡単な工夫でバストアップへの効果がさらに高くなることが考えられるので、そうした方法もおすすめですよ。

 

このようにリンパとバストアップは深く関係しているのですが、即効性のある方法ではないので継続的に行うことがバストアップを成功させるポイントです。

 

バストアップ以外にも、免疫機能の促進や代謝の改善などにも効果があることから、リンパマッサージには非常に多くのメリットがあるということがわかりましたね。

 

また風邪を引きやすい、むくみや冷え性が気になるといった症状がみられたら、マッサージによって改善される可能性も考えられます。
脇の下やデコルテライン、首などのリンパマッサージは空いた時間に簡単に出来るので、是非試してみることをおすすめします。

 

バストアップマッサージと同時に行うことで、美しいボディーラインを実現しましょう。