大胸筋のマッサージはバストの土台部分の厚みが増すことでサイズアップに繋がります。

MENU

肩こりと胸の筋肉の関係とは?

肩凝りに悩む女性

デスクワークなどによる肩こりは、実は胸の筋肉が硬くなっていることが原因と言われており、それによって肩が内側に巻き込むように前に出てしまいます。
すると肩が丸くなり胸筋が引っ張られることで肩こりが引き起こります。

 

さらに肩の筋肉の動きにも害を及ぼし、腕が上がらないなどの症状に繋がることもあるので早めの対処が必要です。

 

胸筋の下には太い血管が通っているため、その部分が硬くなると血管が圧迫され、むくみや冷え性などの症状が出る場合も考えられます。

 

それを防ぐための方法の一つとして、胸筋のマッサージが効果的と言われており、バストアップにも関係しているということから女性の間で話題を集めています。
ほかにも加齢によるバストの形の崩れを防ぐことができるということから、コンプレックスの改善に繋がる嬉しい効果が期待できます。

 

では大胸筋マッサージがバストアップに繋がる理由とはいったいどんなことが考えられるのでしょうか。

 

 

大胸筋の主な役割とは?

大胸筋とバストは非常に密接な関係であるため、マッサージすることで女性に嬉しい様々な効果があるとされています。
その一つとして、筋肉が発達するとバストについた脂肪を支える力が付き、加齢で形が崩れたり垂れ下がったりすることを防ぐということが考えられます。

 

大胸筋を鍛える方法として様々なエクササイズも存在しますが、筋肉はあくまでもバストの土台部分です。
そこの部分の厚みが増すことによってサイズアップには繋がりますが、乳腺の発達や女性ホルモンの分泌への影響には期待できません。

 

それを踏まえ、バストアップマッサージと併用することで土台部分である筋肉が鍛えられ、さらに乳腺の発達や女性ホルモンの分泌にも繋がるのでさらなる効果が期待できます。
より効率的にするためには、クリームなどを併用したり、お風呂上がりに血行が良くなっているタイミングで大胸筋のマッサージも行うこともおすすめです。

 

 

マッサージの方法と健康面へのメリットとは?

胸筋マッサージには自分で行うことができる簡単な方法があります。

 

まずは体の前側の肩の付け根を、親指以外の4本の指で前後に揉みほぐします。
左右10秒ずつそれを繰り返すだけの動きを継続的に行うと肩こり解消に繋がります。

 

マッサージには大胸筋を鍛える効果もあり、健康面に様々な影響があると言われており、姿勢の改善、リンパの流れが良くなる、浅い呼吸の改善などが主なメリットとして考えられます。

 

疲れを癒し、肩こりを改善することだけでも嬉しい効果と言えますが、健康へのメリットやバストアップにも繋がることから、大胸筋マッサージには非常に多くの効果が期待できるということがわかりましたね。

 

マッサージを行う際にはその正しい知識を得た上で、より効率がよくなる方法で行うことをおすすめします。