お風呂上がりは女性ホルモンが分泌されて血行が良くなり効果もアップ!

MENU

バストアップをより効率よく行なうためのタイミング

マッサージを行うタイミングとしては、夜が最も効果的と言われています。
バストアップに欠かせない成長ホルモンは、分泌が活発なほど乳腺が発達すると言われており、1日のうち午後10時から午前2時の間、眠りについてから30分から3時間の間に最も多く分泌されます。

 

そのため眠りにつく前にマッサージをすると血流が良くなり、成長ホルモンがバストに届きやすくなることから、夜の時間帯のマッサージが効果的とされているのです。
特にお風呂上がりに行なうことにはさらなるメリットが考えられます。

 

 

お風呂上がりはバストアップに最適?

マッサージをするタイミングとして夜の時間帯がおすすめな理由は他にもあり、それはお風呂上がりに行うことが深く関係しています。
湯船にゆっくり浸かることで全身がケアされ、女性ホルモンの分泌を促すことに繋がります。

 

さらに体が冷えている時に比べ、体が温まっている時の方が血行が良くなっているので、マッサージもより効果的と言えるのです。

 

しかし注意点としては、お風呂上がりは脱水状態になりやすく、そうすると逆に血流が悪くなってしまうので、ゆっくり湯船に浸かって発汗したあとは必ず水分補給をすることを忘れずに。

 

 

バストアップクリームを併用することによるメリットとは?

クリームを使う女性

マッサージをする際に併用することが出来るバストアップクリームは、以前から女性の間で人気を誇っており、実際様々なメリットがあるという声があがっています。

 

まず一つ目にクリームを使わずに行う場合に比べ、滑りが良くなりマッサージしやすくなるというメリットがあります。
エステサロンなどでも滑りを良くするためにクリームやオイルが使われていますが、そうすることで血行が良くなり、リンパの流れを促進することが知られています。

 

市販の滑りを良くするための目的で販売されているクリームやオイルと違い、バストに有効な成分が豊富に含まれていることもその効果を高めるポイントとして考えられます。

 

ボリュームを付けるための脂肪を増やすだけではなく、その減少を抑える成分や、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする成分などを含んでいるなど、バストアップクリームには非常に多くのメリットが存在します。

 

さらに保湿作用もあることから、肌の潤いにも効果が期待できます。
サプリメントなどによるバストアップとは違い、バストを集中的にケアすることが出来るのもクリームを併用したマッサージのメリットでもあります。

 

このようなことから、バストアップマッサージをより効果的に行うには様々な方法があることがわかりましたね。
貧乳などのコンプレックスがある方には、より良いタイミングでクリームを併用するなど、効率アップを意識してマッサージを行なうことをおすすめします。