体が冷えると血行不良でバストに栄養が届かないのでバストアップを妨げます。

MENU

女性に多くみられる冷え性の原因とは?

病気などとは違い、漢方などによる治療のほかに冷え性のための治療法などはないとされています。

 

しかし実際単なる体の冷えといった症状以外にも様々な症状があり、肌荒れ、生理不順、生理痛、腹痛、疲労感、イライラ、むくみなど、ほかにも様々な影響を及ぼします。
そのため生活する上でお困りの方も多いのではないでしょうか。

 

ではなぜ冷え性が女性に多いのかというと、そこには女性特有の体質や男性との服装の違いなどが関係しています。

 

  • 下着の締め付けによる血行不良
  • 筋肉量が少ない
  • 月経の存在
  • ヒールによる姿勢の歪み
  • 露出度の高い服装

 

このようなことが主な原因と言われています。
ではそれがなぜバストアップの妨げに繋がるのでしょうか。

 

 

冷えが及ぼす様々な悪影響とは?

冷え性の女性

体の冷えにより血液の流れが悪くなると代謝の低下や自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れを引き起こすとされています。
そうしたことから体に非常に多くの影響を及ぼすことに繋がるのです。
血行不良によりバストアップに必要な栄養素がバストまで行き渡らなくなることから、サイズダウンや形の崩れの原因になると考えられています。

 

さらに、体の冷えは女性ホルモンのバランスにも悪い影響を及ぼします。
女性ホルモンはバストアップをするために極めて重要な役割を担っており、その分泌は乳腺の発達に大きく影響するだけではなく、卵巣や子宮の機能の低下などにも繋がるので健康に害が起こることも珍しくはありません。

 

さらに自律神経が乱れることによってホルモンバランスが悪くなり、それが乳腺の発達の妨げとなり、バストのサイズダウンや形の崩れなどに繋がるのです。
そのため体が冷えた状態でバストアップマッサージなどを行っても効果は発揮できないので、日頃から注意を払って生活することをおすすめします。

 

冷え性を改善するには、適度な運動で筋肉量を増やすなどの方法がありますが、仕事でなかなか時間を取ることができないという方にとっては継続的に行うことは難しいですよね。

 

そういった方には食生活に体を温める効果がある食材を取り入れたり、温かい飲み物を飲むなどといった簡単な方法もあります。
体が温まり血行が良くなるとバストに必要な栄養素がきちんと行き届くことが効果的な理由として考えられます。

 

バストのサイズダウンや形の崩れでお悩みの方はまずは体を温めることから始めてみましょう。

 

このように体の冷えは健康面に大きな影響を及ぼすことがわかりましたね。
冷え性にはバストアップ以外にも多くの悪影響が考えられるので、日頃から体を温めることを意識した生活を心がけることが大事なのではないでしょうか。